システムファイブ

成果報酬型アフィリエイト

システムファイブ アフィリエイトプログラム利用規約

システムファイブ アフィリエイトプログラムのご利用に際しては、下記のアフィリエイトプログラム利用規約(以下「本規約」)にご同意ください。

第1条(本規約の範囲)
  1. 本規約は、株式会社システムファイブ(以下当社)が提供するアフィリエイトプログラムの利用者と当社の間に適用されるものとします。本規約は、利用者の同意と同時に効力を生じ、利用者が本プログラムの利用を当社に申し込み、当社が承諾したときに契約が成立します。すべての利用者は本規約を遵守するものとします。
  2. 本規約ならびに本規約に付随するプログラム提供条件およびそれに準ずるものは、当社の独自の判断により、利用者の承諾なしに変更・改定を行うことができるものとします。なお、変更・改訂の内容および改定日については、当社ウェブサイトに掲示するものとし、掲示時点より利用者と当社との間の一切の関係に適用されるものとします。
第2条(用語の定義)
本規約における主な用語の定義は、次の各号に掲げる通りとします。
  1. 「アフィリエイトプログラム(以下本プログラム)」とは、アフィリエイターが自己のメディアに広告を掲載して、広告経由で当社オンラインショップの取り扱う商品が注文された際に成果報酬が発生するシステムのことをいいます。
  2. 「アフィリエイター」とは、メディアを運営または管理する個人または法人の本プログラム利用者のことをいいます。
  3. 「メディア」とは、アフィリエイターが自己の責任で運営または管理し、アフィリエイターの事前申請に基づき当社が承認を行った、広告を掲載可能な機能と権利を有したインターネット上のWebサイトやSNSアカウントのことをいいます。
  4. 「管理画面」とは、本プログラムへの登録が完了した後、広告素材や広告リンクの取得、成果報酬発生および承認状況の確認、メディアの登録申請を行うためにアフィリエイターが利用する画面のことをいいます。
  5. 「成果報酬」とは、メディアに掲載する広告を通じて発生した注文に対して、広告ごとに当社が別途定めた定率または定額の報酬や、当社が別途定めた条件を達成した際に発生する金銭または物品の報酬のことをいいます。
  6. 「デフォルト広告」とは、予め当社が定めた広告の配信期間が終了した後にも広告表示用のHTMLタグがメディアに掲載されている場合に、当社から自動配信される広告のことをいいます。
第3条(届出事項)
  1. アフィリエイターは、本プログラムの利用申込みの際に、事実に相違ない情報を当社が別途定める方法で届け出るものとします。
  2. 成果報酬が振り込まれる金融機関の口座は、アフィリエイターが当社に届け出た氏名(または法人名)と一致する名義の口座を登録するものとします。
  3. 届出事項に何らかの変更が生じた場合、アフィリエイターは、当社が別途定める方法で速やかに事実に相違ない情報への変更を当社に届け出るものとします。
  4. 婚姻、養子縁組、離婚、離縁、婚姻の取消し等の場合を除き、申し込み時点で届け出た氏名の変更はできないものとします。
第4条(表明および確約事項)
  1. アフィリエイターは、当社に対して以下の通り表明し、確約するものとします。
    • 現在、暴力団、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これに準ずる者(以下これらを総称して「反社会的勢力」)に、自らおよび自らの役員、社員、代理人、使用人その他の従業員が該当しないこと、且つ将来にわたっても該当しないこと。
    • 反社会的勢力または反社会的勢力と密接な関係にある者(以下「反社会的勢力等」)と、現在、以下のいずれにも該当しないこと、且つ将来に亘っても該当しないこと。
      • 反社会的勢力等によって、その経営を支配されている関係
      • 反社会的勢力等が、その経営に実質的に関与している関係
      • 反社会的勢力等に対して資金等を提供または便宜を供与している等の関係
      • 不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもって、反社会的勢力等を利用していると認められる関係
      • その他、反社会的勢力等との社会的に非難されるべき関係
  2. アフィリエイターは、自らまたは第三者を利用して以下のいずれの行為も行わないことを確約するものとします。
    • 暴力的な要求行為
    • 法的な責任を超えた不当な要求行為
    • 取引に関して脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    • 風説を流布し、偽計または威力を用いて当社の信用を棄損し、業務を妨害する行為
    • 反社会的勢力等に名義を利用させる行為
    • その他上記各号に準ずる行為
  3. 当社は、アフィリエイターが本条のいずれかに違反していると判断した場合は、第15条の規定に関わらず、アフィリエイターに対して一切の予告および自己の債務の履行の提供をせずに、直ちに契約の全部または一部を解除することができるものとします。
  4. 本条のいずれかに違反することにより当社に損害が生じた場合、アフィリエイターは当社に対して一切の損害を賠償するものとします。
第5条(成果報酬の対象外となる禁止行為)
アフィリエイターは、本プログラムを利用するにあたり、以下の行為を行わないものとし、以下の行為を行ったと認められる場合は、成果報酬が無効になるものとします。なお、当社が必要であると判断した場合は、当該アフィリエイターが申し込んだ広告との提携を解除し、広告配信を停止するものとします。以下の行為によって当社に損害を与えたと認められる場合は、アフィリエイターは当社に対して一切の損害を賠償するものとします。
  • 当社が承認したメディア以外への広告掲載(電子メール、印刷物、デジタルサイネージ等も含む)
  • アフィリエイター以外の第三者が運営または管理するメディアへの広告掲載
  • 広告タグやリンクを当社が指定しない方法で改変する行為
  • 規約でアフィリエイトが禁止されているソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下「SNS」)への投稿
  • 自己が運営または管理する権限のない掲示板やSNSのコメント欄等へ広告を書きこむ行為
  • 広告クリックを強制、強要、嘆願するような文言を掲載する行為
  • 閲覧者に誤解を与えるような文言を掲載する行為
  • 広告以外の要素に重ねて広告を表示する等、不正クリックを誘発させる行為
  • 自己のメディアに掲載する広告を経由して、自ら注文や登録をする行為
  • 検索エンジン検索結果連動型広告(リスティング広告)等、当社以外の広告を利用して本プログラムの成果報酬を得ようとする行為
  • 根拠なく「日本一」「絶対」「最高」「世界初」等の最上級表現を用いて広告クリックを促す行為
  • 根拠なく商品やサービスを賞賛する記事への広告掲載
  • 第三者に対し、本規約にかかる契約上の地位、権利および義務について、譲渡、継承、または担保の目的に供する行為
  • その他上記各号に準ずる行為
第6条(本プログラム提供の拒否権)
当社は、以下のいずれかに該当すると判断したアフィリエイターに対し、事前の通知なしに、当該メディアの登録解除または本プログラムの契約を解除できるものとし、当該メディアを運営するアフィリエイターは、当社の判断に一切の異議を申し立てないものとします。また、当社はその判断理由を開示しないものとします。
  • 当社に対して虚偽情報を届け出ている場合
  • 成果報酬発生条件の事項に違反している場合
  • 未成年者等の制限行為能力者が運営している場合(18歳以上で法定代理人の同意を得ている場合を除く)
  • アダルトコンテンツ、差別的、反社会的もしくは公序良俗に反する内容を含む場合
  • 薬機法(旧薬事法)、景品表示法等の法令に違反する表現を記載している場合
  • ねずみ講、違法なマルチ商法等に関わっている場合
  • 当社または他人、団体の名誉を侵害する行為を行っている場合
  • 法令に違反またはその奨励、およびそのおそれがあると判断した場合
  • 内容に乏しい、または不正確な情報を流布している場合
  • メディアの内容が当初の申告から事前の連絡なく大幅に変更された場合
  • 閲覧にIDまたはパスワードを必要とする、または事前の権限付与が必要等、当社を含めすべての閲覧者が内容を確認できない場合
  • 第5条で規定する禁止行為を行い、その後改善が見込まれないと当社が判断した場合
  • その他、当社が本プログラムにふさわしくないと判断した場合
第7条(成果報酬の支払い)
  1. 当社がアフィリエイターに支払う成果報酬の計算方法は、広告ごとに設定されている成果報酬発生条件にて提示された内容に基づくものとします。
  2. 当社は、アフィリエイターへ事前に通知することなく、独自の裁量をもって成果報酬の内容および成果報酬発生の条件を随時変更することができるものとします。
  3. 当社は、メディアに掲載された広告を経由して発生した注文のうち、成果報酬対象の商品を出荷後7営業日が経過してから成果報酬を承認します。その後、何らかの事由により当該商品が返品された場合、一度承認された成果報酬が取り消されることがあるものとします。
  4. 当社は、メディアごとに承認済みの成果報酬を月末で締め、翌月末日に集計するものとします。
  5. 当社は、アフィリエイターから支払い申請を受けた場合に、次回の集計で確定した成果報酬の合計金額を、集計月の翌月末日(金融機関が休業日の場合は翌営業日)までに、アフィリエイターが当社に届け出た金融機関の口座へ支払うものとします。ただし、メディアの成果報酬合計額が1,000円に達しない場合、または支払い申請が行われていない場合は、翌月以降へ繰り越されるものとします。
  6. 当社は、アフィリエイターが当社に届け出た金融機関の口座へ支払う際に発生する振り込み手数料を負担するものとします。
  7. 当社は、アフィリエイターから支払い申請を受けない限り、成果報酬の集計および支払い手続きを行わないものとします。なお、第10条の規定により本プログラムを停止または廃止する場合または当社が必要と判断した場合には、当社はアフィリエイターからの支払い申請を受けることなく集計し支払うものとします。
  8. 当社がアフィリエイターに支払う成果報酬の税務処理は、各種法令に従い適切に行うものとします。
  9. アフィリエイターが個人名義の場合は、当社は所得税(復興特別所得税を含む)を源泉徴収した金額を支払うものとし、源泉徴収票を年一回郵便物として送付するものとします。なお、一度発行された源泉徴収票は再発行されないものとします。
  10. 金融機関口座に関する届出事項に不備があるために成果報酬の支払いが行えない場合、当社は、当該アフィリエイターに通知を行い、変更の確認が完了次第支払い手続きを再開するものとします。なお、当該アフィリエイターへの通知後10営業日以内に届出事項の変更が完了しない場合は、対象の未払い成果報酬は支払われないものとします。なお、当社が振込手続を行なった報酬が送金組戻しとなった場合の組戻手数料(消費税を含む)は、アフィリエイターが負担するものとします。
  11. 本規約に違反することによってメディアの登録または本プログラムの契約が解除された場合は、未承認を含むすべての未払い成果報酬はすべて無効となり、獲得権利を喪失するものとします。
第8条(管理者責任)
  1. アフィリエイターは、自己の責任において常に自己のメディアを適切かつ正常な状態に保つように管理する義務を負うものとします。
  2. アフィリエイターは、自己の責任において管理画面のログインIDおよびパスワードを管理するものとし、第三者への開示や権利譲渡、売買等の行為は行ってはならないものとします。不適切なログインIDおよびパスワードの管理により第三者に不正利用された結果発生した損害については、アフィリエイターが自己の責任において解決するものとし、当社に一切の損害を与えないものとします。
  3. アフィリエイターは、自己のログインIDおよびパスワードが不正に利用されたと認知した場合、遅滞なく当社に連絡し、当社が別途定めるパスワード変更手続き等の指示に従うものとします。
第9条(配信広告の変更、停止)
  1. アフィリエイターは、当社が事前の予告なく配信広告の内容を変更することや、リンクを停止することを了承するものとします。
  2. アフィリエイターは、広告の掲載期間が終了した場合には、メディアに掲載されている当該広告のHTMLソースおよびコード、もしくは広告に利用する画像および文言等の掲載を遅滞無く中止しなければならないものとします。中止しない場合は、その広告の掲載場所にデフォルト広告が配信されることを了承するものとします。
第10条(本プログラムの中断、停止、廃止)
  1. 当社は、本プログラムのシステムの管理・保守等のメンテナンスによって広告のリンクが機能しなくなる可能性があると予め判断した場合、当社の運営管理するウェブサイトへの掲載や電子メール等の手段により当該事項をアフィリエイターに通知するものとします。
  2. 当社は、以下のいずれかの事由が発生した場合、アフィリエイターに事前に通知することなく、独自の裁量により、本プログラムの一部もしくは全部を一時中断、または停止することができるものとします。
    • 本プログラムに関するシステム上の不具合、第三者によるハッキング、クラッキング等の妨害行為、サーバーや通信環境の障害、天災、火災、洪水、疫病、ストライキ、暴動、戦争、テロ行為、またはそれらに関連する要因により、本プログラムの全部または一部の利用不能もしくは機能の不全が発生した場合
    • その他、当社が本プログラムの運営を停止する必要があると判断した場合
  3. 当社は、本プログラムの全部または一部を変更または廃止することがあるものとします。変更または廃止にともないアフィリエイターに損害が発生した場合、当社は一切の責任を負わないものとします。
  4. 当社は、前項の規定により本プログラムを廃止するときは、アフィリエイターに対し事前に通知するものとします。なお、緊急の場合は事後に通知するものとします。
第11条(連絡と通知)
アフィリエイターは、当社が、本プログラムの運営のためにアフィリエイターへ通知または連絡する必要があると判断した場合、電話やメール、郵送等によって連絡や通知を受け取ることに同意するものとします。
第12条(機密保持)
  1. アフィリエイターは、本プログラムの利用に際し、管理画面や電子メール等、一般に公開されない場所で知り得た秘密とみなされるべき情報を、当社の事前の書面による承諾なしに第三者へ漏洩してはならないものとします。ただし、公知の事実と判断されるものに関してはこの限りではありません。
  2. 本条の効力は、本規約に基づく契約が終了した後も有効に存続するものとします。
第13条(個人情報の取り扱い)
  1. 当社は、アフィリエイターから提供を受けた個人情報に関して、「個人情報の保護に関する法律」、その他の個人情報保護に関する法令、関係各省庁より出される個人情報保護に関連する各種ガイドラインならびに当社が定める「個人情報保護方針」に基づき適切に取り扱うものとします。
  2. 当社は、下記の場合および法令により例外として認められた場合を除き、アフィリエイターの同意なく個人情報を第三者に開示することはありません。
    • 本プログラムおよび当社がアフィリエイターに対して提供するサービス実施のために事業協力会社に対する開示が必要な場合
    • 裁判所、検察、警察その他の司法機関または行政機関から法的義務を伴う開示要請を受けた場合
    • 上記以外に、当社がアフィリエイターから個別に同意を得た場合
  3. 当社は、個人情報について不正アクセス・改ざん・破壊・紛失・漏えい等が生じないよう合理的な管理体制のもとで保管し、安全性の確保に努めるものとします。また、個人情報は当社が必要と判断する期間、保管するものとします。
第14条(著作権等の知的財産権)
  1. アフィリエイターは、本プログラムにかかわるコンテンツ等の著作権およびその他の関連知的財産権がすべて当社および事業協力会社に帰属することを確認するものとします。
  2. アフィリエイターは、本プログラム利用の目的の範囲内のみで、本プログラムの管理画面や広告素材等の使用権を付与されることを確認するものとします。
第15条(契約の解除)
  1. アフィリエイターは、当社が別途定める手続きを行うことにより、本プログラムの利用を停止し、本規約による契約を解除することができるものとします。
  2. 当社は、アフィリエイターに対して30日前までに書面または電子メールにて通知を行うことにより、本規約に基づくアフィリエイターとの契約を解除することができるものとします。
  3. 当社は、メディアが本規約に違反したとき、または管理画面へのログイン履歴が一年以上ないもしくは成果報酬が一年以上発生していない場合、事前の通知なくメディアの登録を解除し、本プログラムの利用を停止またはアフィリエイターとの契約を解除することができるものとします。
  4. アフィリエイターまたはメディアが法令に違反またはそのおそれがあると判明した場合や、当社への申告内容に虚偽があった場合、または第4条に掲げる確約事項に違反した場合、当社は当該アフィリエイターが運営するすべての契約を事前の通知なしに無条件で解除できるものとします。この場合、当社は成果報酬の支払いを一切拒否するものとし、これについてアフィリエイターは一切の異議を申し立てないものとします。
  5. 前項の事由により当社とアフィリエイターとの間の契約が解除された場合、当社は、当該アフィリエイターに当該契約解除前までに支払った全ての報酬および当該契約解除のために別途発生した人件費、交通費、訴訟費用等を含む全ての費用を当該アフィリエイターに請求できるものとします。
第16条(損害の免責)
  1. 当社は、本プログラムの利用または利用できなかったことにより発生した、アフィリエイターおよび第三者が被った不利益や損害について、一切の賠償の責任を負わないものとします。ただし、損害発生の直接の原因が当社の故意または重過失に起因する場合は除きます。
  2. 当社は、アフィリエイターの届出事項が不正確もしくは虚偽であるためにアフィリエイターおよび第三者が被った不利益や損害について、一切の賠償の責任を負わないものとします。
  3. 当社は、本プログラムを利用してアフィリエイターが獲得する成果報酬について、いかなる保証も確約も行わないものとします。
  4. アフィリエイターが本プログラムを利用することにより第三者の権利を侵害または損害を与えた場合、アフィリエイターは自己の責任により解決するものとし、当社には一切の損害を与えないものとします。
  5. 当社は、本プログラムおよび当社Webサイトにおける内容の完全性、正確性、確実性、有用性等について、いかなる保証も表明もしないものとします。
  6. アフィリエイターは、本プログラムの利用において行う、個人情報のインターネットを介した送信行為等が、情報の漏洩等の危険性を有していることを認識し、自己の責任の下にこれを行うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
第17条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては日本法が適用されるものとします。
第18条(裁判所の管轄)
本プログラムについて、当社とアフィリエイターとの間に訴訟の必要が生じたときは、訴額に応じて、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2020年1月23日施行